なぜニキビのしみができる?

メラニン大出動の跡

ニキビが治った後でしみが残るのは、炎症を伴うほどにまで進んだニキビができた時です。
いわゆる赤ニキビや黄ニキビですね。

これらのニキビは、皮脂や汚れが毛穴を詰まらせて出口を塞いだ密室の中で、毛穴にもともと存在しているアクネ菌が皮脂や汚れを栄養源にして活動を活発化させ、肌を刺激します。
その時、異常事態を察知したメラニンが、肌をこれ以上傷つけられまいとして、その数を増やし、総動員で守りに入るのです。

やがて、ニキビがなんとか治ります。
その時、いったん増員体制で大出動していたメラニンは、そう簡単にブレーキがきかず、引き続き増員体制のままになります。

つまり、もう本当は通常モードで充分なのに、メラニンがどんどん作られているのです。
もちろんいつかは通常モードに戻るわけですが、大量に作られたメラニンは、そのままシミの原因になります。

ターンオーバーの乱れ

よく知られていることですが、私たちの肌はおよそ28日ごとに細胞が生まれ変わっています。
この生まれ変わりのサイクルをターンオーバーといいます。

メラニンが普段より多く作られて色素が沈着しても、普通ならこのターンオーバーによって排出されて、消えていきます。
1回のターンオーバーでは無理でも、数回繰り返すうちに完全に排出されるか、かなり薄くなって、しみとしてはほとんど目立たなくなります。

ところが、ターンオーバーが乱れ、肌の新陳代謝機能が衰えていると、肌の奥深くに溜まったメラニンがなかなか排出されずに何年も留まって、しみとなるのです。

しかも、その間に必ず紫外線を浴びますよね。
そうすればまた、紫外線の攻撃から肌を守る為に、メラニンが増産されるという悪循環が始まり、更にしみが濃くなっていくこともあります。

ニキビを潰せば残るのは、しみ

ニキビを潰すと、その時は中の皮脂が出てすっきりするので、治りが早くなるような錯覚を起こしますが、ニキビを潰すのは、肌の組織を破壊する行為です。

破壊されればメラニンが肌を守る為に出動を開始しますから、結果として残るのが、しみなのです。

適度な洗顔と保湿とともに、バランスの良い食事と睡眠を心がけ、しみを残さないニキビの治し方を実践しましょう。

にきびのシミ解消に最適なスキンケアを見てみる

にきびのシミを消すビーグレンの効果的な使用方法を見てみる