Tゾーンにできるニキビの原因とスキンケア方法

洗いすぎは逆効果

Tゾーンは皮脂分泌量が多い部分です。

写真を撮ると、よくこの部分がてかっていて、恥ずかしくなることがありますよね。

化粧直しの時にも、あぶらとり紙を使ったTゾーンのケアを、真っ先にするのではないでしょうか。

それだけTゾーンの皮脂分泌量は多いのです。

そして女性たちは皆、それをよく知っています。

だからこそ洗顔の時に、ついTゾーンを一生懸命にゴシゴシと洗ってしまう人がいるようです。

でもそのケア方法は間違っています。

これはTゾーンに限らず頭の先からつま先までどの部分でも共通することなのですが、

Tゾーンにニキビができるまでのプロセス

ゴシゴシと洗いすぎて皮脂が根こそぎ取り去られると、肌の潤いは失われます。

乾燥して、オーバーに言えばひび割れた砂漠のような状態になった肌は、必要以上に皮脂が分泌されるようになります。

潤いを取り戻す為の、自己修復作業が行われるというわけです。

そしてこの時が、Tゾーンにニキビができるリスクが高まる時なのです。

洗いすぎという刺激によって弱った肌に、過剰な皮脂分泌という更なる攻撃が加わると、肌は簡単に炎症を起こし、ニキビを作り出します。

イラスト これを予防するには、洗顔の際にTゾーンを擦ったりしないこと。

豊かな洗顔料の泡で、優しく洗いあげれば十分なのです。

もちろん洗顔後には、しっかりと水分と油分を補給するスキンケアを忘れずに。

保湿と代謝アップがキーポイント

Tゾーンはもともと皮脂がたくさん出る部分だから、スキンケアで保湿はしなくても良いのではないか。

そんなふうに考えてしまうのも、理解できます。

でもそれは、間違いです。

いくら皮脂が多く分泌される部分であっても、やはり洗顔料による刺激などにより、一時的に乾燥状態にあることは確かです。

その状態を早く解消する為には、きちんと保湿することが大切です。

化粧水で水分を補給したら、美容液や乳液などで油分も補給してください。

イラストただ、頬などの他の部分に比べれば、Tゾーンになじませる乳液などの量は少なめにしておくのが良いでしょう。
イラスト また、新陳代謝を高めて古い角質を滞留させないように心がけることも、Tゾーンのニキビ予防に効果的です。

具体的には、日頃からビタミンCをたっぷり摂取することを心がけると良いでしょう。

ビタミンCの継続的な摂取は、できてしまったニキビを消すのはもちろん、ニキビ跡や紫外線による刺激によるしみを消す効果も期待できます。

高濃度で浸透力抜群のビタミンCをたっぷり配合したニキビスキンケアを見てみる