にきびシミの種類と原因

にきびの種類と原因

ニキビは、思春期の頃にできるものといった先入観がありますが、大人になってもニキビができることがあります。これを思春期のニキビと分けて、大人ニキビといった呼び方をしますが、お肌トラブルでもっとも最大の悩みとなるのが、ニキビともうひとつは、お肌のシミではないでしょうか。

ニキビの種類には、下記のような種類があります。
白ニキビ
赤ニキビ
黒ニキビ
黄ニキビ
ニキビ跡

単なる色による分類ではなく、ニキビの進行度を示すもので、ニキビの初期症状が白ニキビと呼ばれる状態です。
皮膚の角栓が毛穴に詰まり、皮脂が塞がれて皮膚の内部が盛り上がって、白っぽく見えます。
白ニキビの原因は、お肌の古い角質が毛穴に詰まり、進行すると炎症を起こして赤ニキビとなります。

黒ニキビは、赤ニキビの一歩手前の状態であり、赤ニキビは真っ赤に腫れた状態で、むやみに触ったり掻いたりすると、炎症が悪化する可能性があります。
赤ニキビからさらに悪化すると化膿して黄ニキビになることもあります。
ニキビによるお肌ダメージが真皮まで達すると、再生が遅れてニキビ跡になり、月の表面のクレーターにたとえて、でこぼこした状態になることをクレーターと呼ぶこともあります。
ニキビが発生する原因として、洗顔やスキンケアをきちんとしていない、お肌が清潔な状態に保たれていない、使用しているスキンケア製品がお肌に合わない、ホルモンバランスの変化やお肌のターンオーバーの乱れなどが考えられます。

シミの種類と原因

もうひとつ女性のお肌トラブルで深刻なのが、シミですね。
シミは、ニキビとともに透明感あふれる美白肌の最大の敵で、シミの種類とその原因には、どのようなものがあるのでしょうか。

シミの種類を大きく2種類に分類すると
そばかす
日焼けによるシミ

があります。

そばかすは、とくに目や鼻の周辺にできる斑点で、おもな原因と遺伝とされていますが、紫外線の影響でそばかすの範囲が広がる可能性もあります。
日焼けによるシミの原因をあげると、
紫外線による影響
お肌のターンオーバーの乱れ

などがあげられます。

日頃のケアが大切

ニキビは、白ニキビ~黒ニキビの段階で早めにケアしていれば、ニキビ跡を残す心配はありませんが、
シミやそばかすは1度お肌の表面に出てしまうと、なかなか消えることがありません。

シミやそばかすができたあとになって、美白専用のスキンケア製品を使い続けても、なかなか難しいようです。
UVカットや帽子、日傘など紫外線対策が必要で、お肌のターンオーバーが乱れないように、食生活や生活習慣を見直し、睡眠不足にならないように心がける必要があります。

にきびのシミ解消に最適なスキンケアを見てみる

にきびのシミを消すビーグレンの効果的な使用方法を見てみる